今も昔も、これからも。色々な方が利用する横網町公園へ。

スポット

両国駅近郊にはいくつか公園がありますが、この「横網町公園(よこあみちょう)」は他にはない特別な公園だったのでご紹介したいと思います。

両国エリアに引っ張られ「横綱町公園」に空見しますが気を付けましょう・・・!

休日には小さいお子さんを連れて公園で遊ぶ姿も多く、小学生くらいの子どもたちも鬼ごっことかしていました!暖かくなれば緑や花が広がる公園です。

公園内にある「東京都慰霊堂」の周りには、今は楽しく遊ぶ姿がありとっても印象的でした。

横網町公園・東京都慰霊堂

横網町公園

もともと公園の造成を進めていましたが、その途中で起こったのが関東大震災。その大追悼式を挙行下のがこの公園でした。

昭和5年に慰霊堂をはじめとする建物、記念碑、庭園が、時の皇室から庶民までの尊い寄付によって完成し、横網町公園として開園。現在では、東京空襲での遺骨も祀ることとなり、名称を東京都慰霊堂にかえ今に至ります。

横網町公園_6

公園内には、「慰霊堂」「追悼碑」「復興記念館」など当時の歴史に触れることができる場所があったり、日本庭園や子供の遊び場といった共有スペースも併設しており、場所としてはとても穏やかなイメージでした。

「記念」という言葉は、嬉しい時だけではなく「思い起こすこと」「思い出として残すこと」ということ全般に使われます。

「今も昔も、これからも。」

当時の資料などをみて当時の出来事に触れることで、心に残るものがあると思います。そういう気持ちを、少しでも忘れないようにしたいなと思いました。

横網町公園_4

この日は休日ということもあり、子どもの遊び場ではたくさんのご家族が遊んでいました!予想以上に遊具もしっかりしているし、小さいお子さんにはもってこいの遊び場ですね。

また、錦糸町エリアには大きな公園がありますが、両国エリアには大きめの公演が少ないので重宝しそうです。春になれば花もきれいに咲きますので、散歩がてら通ってみてもよいかも。

横網町公園_11

正門から入り慰霊堂の横を歩いていると「振り返ってください」との看板が。

横網町公園_12

これはいい感じ・・・!季節柄、葉のない木々が多いですが、ここもまた式で景色が変わる良い場所になりそう。建物の合間を縫ってしっかりと東京スカイツリーが見えるのが本当に不思議な感じですね。

横網町公園_13

日本庭園は、少しだけ緑が出ていました。ここも暖かくなったら景色が変わることでしょう。

慰霊堂の中に入れます。

横網町公園_5

慰霊堂の中には、営業時間内であれば中を見ることができます。中には、昔の映像なども流れていて少し衝撃的な部分もあったので、苦手な人もいるかもしれませんね・・・。

ただ、当時の様子を見ることができて、色々考えさせられる部分が多々あったと思います。

横網町公園_7

建物の造りは改装などあったと思いますが、和洋の組み合わせのような造りで非常に興味を持ちました。

横網町公園_8 横網町公園_9

個人的には「暗い場所」なのではなく「明るくする場所」なのではないかとものすごく感じています。

これからも、いろいろな人の笑顔や笑い声が聞こえる場所になってほしいと思っています。

スポンサーリンク