【ちゃんこ巴潟】醤油味のちゃんこ鍋が最高に美味しい!鍋と割烹を楽しめる老舗の味を堪能してください!

グルメ

両国で初めてのちゃんこ鍋を食べるべく「ちゃんこ巴潟(ともえがた)」へ行ってきました。2018年で40周年を迎えるこのお店は、老舗ちゃんこ鍋と割烹を楽しめるお店です。

会席コースなども非常に魅力的だったんですが、まずはシンプルにちゃんこ鍋を楽しんできましたよ!

新しい発見としては、醤油味のちゃんこ鍋が美味しすぎるということ。おなか一杯過ぎて最後の雑炊までたどり着けなかったんですが、スープが本当に美味しいんですよ!普通に飲んでしましました。

若者よ、ちゃんこ鍋美味しいぞ・・・!

当日注文した料理やお酒とともにご紹介したいと思います!

お店の中は相撲の世界を楽しめる!

ちゃんこ巴潟

JR両国駅から徒歩3分という立地ですので、迷ってしまう方は少ないと思います!両国には、ちゃんこ屋はもちろん、飲み屋や昔ながらのカフェとかもあって、相変わらず魅力的ですよ。

巴潟は道路を挟んで「新店」と「本店」に分かれていまして、新店に入るとすぐにカウンターがあります。そこで受付をしましょう。(事前予約も可能)

ちゃんこ巴潟_10

今回は新店の2階でお食事を。店内には、相撲関連グッズをはじめ、ちゃんこを囲む昔の写真が飾ってあったりとなかなか面白いです。

この日は、2名のお客さんから団体さんまで幅広い方がいましたが若者はいませんでしたねぇ。私が30代なので、それ以上の方が多いイメージ。

もっとちゃんこ鍋食べたほうがいいよ・・・!本当に美味しいよ・・・!

といっても、私も今回が初ちゃんこなので何とも言えませんが。笑

そもそも「ちゃんこ」とは?

ちゃんこ巴潟_2

「ちゃんこは初めて?」とお店の人に聞かれたので「はい!」と答えたところ、こんな紙をくれました!

「ちゃんこ」はお相撲さんが作った料理全てのことを指すようです。なので「お相撲さんが作った鍋」が「ちゃんこ鍋」となります。なるほど。

鍋は、野菜・肉・魚など栄養バランスを考えた際にとっても相性がいい料理方法。昔は、四つん這いになる牛や豚は縁起が悪いと嫌われ、鶏肉が主流だったんだって。

面白い・・・!

巴潟のちゃんこ鍋の選び方

ちゃんこ巴潟_メニュー

巴潟では、4種類のちゃんこ鍋を用意しています。お店の方に聞いたところ「味付け」か「食材」で選ぶのが良いらしい。昔ながらの醤油味は「太刀山ちゃんこ」で、今人気なのは鶏ガラ塩出汁の「国見山ちゃんこ」とのこと。

今回は、初ちゃんこなので昔ながらの醤油味「太刀山ちゃんこ」を注文してみることにしました!

牛肉・鶏肉のミックスで1人前3000円なり。(注文は2人前から)

3名で2人前注文して、みんなで雑炊まで楽しむのがベストではないかと思います!なかなか食べでがありました。

注文した料理とお酒の感想まとめ!

ちゃんこ巴潟_1

まずは、お通しとして「くわいのカステラ」「わさび風味のおひたし」「味噌チーズ」になります。ビールを注文してしまいましたが、どれも日本酒によく合う料理だったと思います!

ちゃんこと割烹のお店だけあって、料理もいい感じです。

ちゃんこ巴潟_3

「本日の旬の逸品」は、空輸で直送した新鮮な関ぶりと関さば!さばは脂っこいイメージがあったので、関ぶりを注文してみました。

分厚く切られた関ぶりは、噛み応えもあるし旨味もすごい・・・!これだけ肉厚だと、堪能した感がすごいですよ。とっても美味しかったです。

旬の逸品は、時期によって変わるそうなのでお店の方に聞いてみてください!

ちゃんこ巴潟_4

さて、お刺身にあう日本酒をと思い「辛丹波(からたんば)」を注文。2011年~2017年連続でモンドセレクション金賞を受賞とのことです!

「端麗辛口」の日本酒なんですが、飲んでみると少し甘みが感じるすっきりとしたお酒でした。甘さが口に残ることはなく、刺身との相性も抜群だと思います。

ちゃんこ巴潟_5

そして、テーブルがあいたころにちゃんこ鍋が登場です!太刀山ちゃんこは、鶏肉と牛肉の両方を楽しめるのがいいですね。食材としては、芋・大根あたりが珍しい食材だなぁと思いました。

先に書いておきますが、鶏肉と醤油出汁の相性が本当に抜群!牛肉は牛肉でもちろん美味しいのですが、最初に鶏肉を食べた時の美味しさが忘れられません。

ちゃんこ巴潟_6

ちゃんこ鍋は、基本的にはスタッフが用意してくれます。「どの食材から入れるんだっけ?!」とはならないので安心してください!

ちゃんこ巴潟_7

鍋が食べられる状態になったら、牛肉はしゃぶしゃぶ形式で食べていきます。

手のひらより大きなお肉は、贅沢極まりないですね。大きなお肉を醤油出汁によく絡ませてから食べてみてください。

ちゃんこ巴潟_8

率直な感想は「醤油出汁ってこんなに美味しかったっけ?」という感想です!

鶏肉・牛肉はもちろんのこと野菜などとも相性抜群で、食材もさることながら出汁も楽しませてもらったような気がしますね。

やはり、鍋料理は食材と出汁で「鍋料理」になるわけで、とっても良い食事ができてとっても満足でした!

残念ながら、おなかがいっぱいで雑炊やうどんを楽しめませんでしたが、次回は食べたいと思います・・・!

スポンサーリンク