生パスタが絶品!横綱横丁のイタリアンレストラン「両国吉良亭」のランチレポート!

グルメ

インスタグラムで知ってから気になっていたお店の1つ「両国吉良亭(りょうごくきらてい)」に行ってきました。

このお店は、富士幻豚や都内でもあまり食べられない足利マール牛をはじめ、多数のラーメン店の麺を作る有名製麺所「浅草開化楼」が作る麺を使用するなど、食材にだわったイタリアンレストランです。

休日ランチもやってまして、生パスタランチがとっても美味しかったので紹介したいと思います!

また、セットで出てくるサラダもアクセントがあってとってもお気に入りです。

JR総武線両国駅の東口から徒歩2分

横綱横丁

両国駅東口を出ると目の前に「横綱横丁」が見えると思います。この通りには、飲み屋をはじめちゃんこや焼き鳥屋など魅力的なお店がたくさんあるんですよ!

しかも、吉良亭のようなお店もあり、飲み屋だけじゃないのがいいんですよねぇ。老舗散策もしてみたいところ。

両国吉良亭

少し歩くと両国吉良亭が見えてきます。ランチは「11:30~14:30(LO:13:30)」で、13時を過ぎると比較的すいていると思います。「PRANZO」は「ランチ」という意味で、その日のランチメニューは黒板に書かれていますのでチェックを。

ちなみに、夜は18:00~23:00(L.O.フード21:30/ドリンク22:30)で、お酒も焼酎、ワイン、カクテル、クラフトビールなどもあり、イタリア料理とお酒を楽しめるお店です。(飲み放題コースもあり)

両国吉良亭_2

この日はちょうど窓側の席が空いていたのでそちらに。

両国吉良亭_4

店内は1階と2階に分かれていまして、40名程度のパーティもできるくらいの広さがあるようです。ランチタイムは禁煙、ディナータイムは分煙となっていました。

吉良亭のランチメニュー!

両国吉良亭_5

メニューについては、時期によって内容が異なりますので最新のメニューはお店にて。

この日のパスタの中で、圧倒的に気になったのが「牡蠣と日本一こだわり卵のカルボナーラ」ですね!牡蠣とカルボナーラの組み合わせは絶対に美味しいはず。

ランチは、1000~1600円でドリンクセットも可能。グラスビールが300円っていうのも魅力的です!

両国吉良亭_4

クラフトビールがこちら。「バラディン」や「レモンビール」がとっても気になりましたが、今日は生パスタだけ注文。

お酒は、今度夜に来た時に楽しもうと思います!

生パスタランチがこちら!

DSC03604

まずはサラダから。ランチについてくるセットのサラダは大体おまけ程度だと思ってたんですが、ここのサラダは違いました!

通常であれば、サラダのドレッシングの味のみなんですが、ドレッシングとは違うアクセントとして、蓮根、長いも(?)、大根(?)、キッシュなどの味付けが違う食材が入っていました。

これがサラダの中でいい感じの存在に。

両国吉良亭_牡蠣のカルボナーラ

こちらが「牡蠣と日本一こだわり卵のカルボナーラ」です。兵庫県加古川市の「日本一こだわり卵」を使用したカルボナーラに、大粒の牡蠣がのったこの1品。

カルボナーラって味がイメージしやすいのですが、食べた時のソースの食感、後味、舌に残る感じなど好みと合わないとちょっとがっかり・・・という料理でもあると思うんです。

ここのカルボナーラは、濃厚すぎて最後のほう飽きてしまうということは一切なく、だからと言ってさっぱりしすぎないバランスの良いカルボナーラで、好みのタイプでした!

両国吉良亭_牡蠣のカルボナーラ2

大粒の牡蠣がまたおいしい。ソースと一緒に食べると牡蠣の味と相まって最高の味わいですね。

確か、つけ麺で超有名な「六厘舎」もこの「浅草開化楼」に麺を注文していたような。両国吉良亭でも、浅草開化楼が作るパスタを使用し、モチモチでつるっとした特別なパスタを作り上げていました。

大盛も100円でできますのでぜひ。

両国吉良亭_ディアボラ

こちらは「ちょっと辛めのトマトソースとジェノバソースディアボラ」です。ものすごくバジルを感じるパスタなんですが、ピリッと来るからさが癖になる1品。

こちらも同様の麺を使い、満足度の高いパスタでしたよ!

次回は、ディナーも楽しんでみたいなと思います。

スポンサーリンク