両国駅への終電!JR総武線と大江戸線をうまく使おう。

暮らす

夜遅くまで遊ぶ時に気になるのは、やはり終電ですよね。両国駅は「JR総武線」と「大江戸線」の2本の路線が通っており、終電の時間も少し違います。

この2つの駅は少し離れていますが、地上で徒歩約5~6分位なので最悪どちらかの駅にたどり着ければ・・・という方も多いのではないかと。

主要駅からの両国までの情報を調べてみました。

必ず最新情報をチェック!
これは、イメージを伝えるもので終電の時間を保証するものではありません!2018年2月の平日の終電を、google及びナビタイムで調べています。

新宿駅からの終電。

「新宿駅は山手線も通っていし遅くまで大丈夫!」と思い新宿駅からJR両国駅の終電を調べてみましたが、大江戸線の方が終電が遅いことがわかりました。

新宿駅西口駅(大江戸線)「00:34発」が終電となり、大江戸線両国駅には「0:57着」となります。ただ、地下鉄のホームまで予想以上に距離があったりするので注意したいところですね。

また、都営大江戸線新宿駅を利用する場合、終電は「0:24発」となります。

実は、都営大江戸線は「新宿西口駅」⇔「都庁前」⇔「新宿駅」と並んでいまして、都庁前駅で乗り換えが必要になってしまうので行先によって駅を選ぶと良いようです。

飯田橋・上野御徒町・両国方面は新宿西口駅が便利で、青山一丁目・六本木・築地方面へは南口方面にある新宿駅が便利とのこと。

ナビタイムで検索

ちなみに「JRだけで帰りたい!」という方は、「0:21発」のJR中央線に乗り御茶ノ水で総武線に乗り換え。「0:49着」でJR総武線の両国駅につきます。

品川駅からの終電

ナビタイムで検索

品川駅の場合、JR山手線または京浜東北線で秋葉原駅乗り換えで両国駅を目指します。ほぼ並行して走っていると思いますので、どちらに乗っても秋葉原駅までいければ大丈夫ですね。

終電は「0:26発」となり「0:49着」となります。

渋谷駅からの終電

渋谷駅からもJR利用が終電と思いきや、副都心線を使っていく終電が出てきました。東新宿駅で大江戸線に乗り換え「0:57着」で両国駅につきます。

新橋・汐留駅からの終電

ナビタイムで検索

汐留駅から終電を調べてみましたが、ゆりかもめで新橋駅に出てJR山手線で秋葉原駅へ。総武線に乗り換えて両国駅となります。

ちなみに、新橋駅「0:33発」のJRに乗れば「0:49着」で両国に帰ってこれます。

大江戸線1本で帰ろうとすると「0:13発」に乗らないといけないようですね。少しでも遅くまでいたい方はJRを使った方がよさそうです。

大江戸線の仕組みについて。

都営大江戸線は、都庁前駅から北側を進む東新宿・飯田橋・上野御徒町方面と、南側を進む六本木・大門・汐留方面の電車が出ています。どちらも都庁前を起点に1周できる路線になっています。(都庁前から、光が丘方面にも伸びています!)

結果、どっち周りで行くかで終電の時間が変わります!

都庁前駅から見たときに、六本木周りの方が終電が早く、清澄白河どまりが多いので要注意です。逆に、東新宿方面からだと終電が少し遅いので新宿方面からだと帰りやすいという印象でした。

まとめ

「24時にJRの駅、または大江戸線の駅にいれば帰れる」

六本木方面から両国に向かう場合には、終電が少し早いのでお気を付けください・・・!

▼主要都市へのアクセスもチェック!

都心部まで30分圏内!両国駅からの2路線をチェック。

2018年2月12日

スポンサーリンク