乗り換え注意!両国駅から主要空港へのアクセスと料金について!

暮らす

海外旅行や出張の際に飛行機を使うこともあると思います。近年、LCCの便が増えているので、海外はもちろん国内でも時期によっては格安で移動できますよね!

都心部から利用者の多い空港は「東京国際空港(羽田空港)」「成田国際空港」の2つ。

サッと調べてみると、両国駅から羽田空港へは「約50分(徒歩15分を含む)」、成田空港までは「約1時間10分程度(徒歩15分を含む)」と出てきました。

「徒歩15分?!」と思いましたが、なるほどねと理解。主要空港までのアクセスを色々調べてみました!

※最後に「乗り換え」「時間」「料金」をまとめているので、そちらもチェックを。

エアポート快特で羽田・成田へ1本で!

羽田空港と成田空港は「エアポート快速特急(京急・浅草線)⇔京成成田スカイアクセス」で直通運転を行っていて、しかもとっても早く着く!浅草線沿線に住んでいると、この電車に乗ってしまえばどちらの空港もとってもスムーズに行くことができるんです。

Google先生によると「両国駅の南側に住んでる人は、歩いて東日本橋駅へ!」と出ます。徒歩15分ほど歩いてエアポート快特の停車駅である「東日本橋」まで行けば、あとは乗ってれば空港に着くという仕組みですね。

乗り換えめんどくさい!」という方にはお勧めの行き方かもしれません。

大江戸線両国駅から羽田・成田を目指す!

大江戸線とJR総武線の駅が比較的離れているので、大江戸線よりに住んでいる方は圧倒的にこちらが便利です!

羽田空港へは大門駅経由で!

大江戸線両国駅を使う場合、大江戸線で「大門駅」を目指します。

大門駅からは「浅草線」「モノレール」のどちらかに乗り換え羽田空港に行くのですが、どちらも所要時間は40分ちょっとなのでさほど差はありません。

どちらかの線で遅延や運行見合わせがあったとしても、どちらかの線で羽田空港を目指せるので本当に便利だと思います!

浅草線のメリット
  • 大江戸線からの乗り換えがモノレールに比べて楽。
  • エアポート快特(または直通便)に合わせれば羽田空港まで乗り換えなし!
  • モノレール利用より、運賃が数十円安い。
モノレールのメリット
  • トータルの移動時間としては浅草線よりも数分早く着く。
  • 乗り換え時、ダッシュで移動すればもう少し早く着くこともある。
  • 大江戸線からの乗り換えが少し離れているが、電車に乗っている時間が短い(徒歩を抜けば30分程度)
  • 遅延が少ない。
  • 旅感(特別感)がある。

1時間ちょっとで成田空港へ!

成田空港へ向かう場合には、大きく2つあります。スピード重視と料金重視でまとめてみました。

スピード重視なら京成スカイライナー!
スピード重視なら、上野御徒町で「京成上野駅」に乗り換えここから京成スカイライナー(有料特急)に乗ります。

トータルの所要時間は約1時間!片道2000円以上しちゃいますが、その分早い!

運賃の安さなら浅草線で!
運賃の安さを重視するのであれば、大江戸線で蔵前駅まで行き「浅草線蔵前駅」に乗り換えます。(駅が離れているので時間には余裕をもって!)

その後、浅草線から押上駅を経由して京成線へ。途中、アクセス特急に乗り換えられると早く着きます!

トータルの運賃は1300円程度とだいぶ控えられます!その分、移動には1時間20分くらいかかります。また、乗り換えがタイミング悪いと特急に乗れず1時間40分くらいかかることも。

押上駅までは、両国駅からバスが出ていますのでそういう方法もありますね。バスの方法は、別で調べてみようと思います。

JR総武線両国駅から羽田・成田を目指す!

次に、JR総武線の両国駅から両空港を目指します。

もし「東日本橋まで徒歩で行ける!」という方は、初めにご紹介した浅草線を利用して1本で両空港に行けます!

羽田空港へはモノレールでも京急でも。

総武線両国駅をスタート地点とすると、秋葉原・浜松町を経由してモノレール、秋葉原・品川を経由して京急で向かうルートがあります。

個人的には、京急の方が乗り換えが楽なイメージなのでそちらがお勧めですね。あとは、到着する場所が少し変わりますので、集合場所が近い方を選んでもいいかも。

成田空港へは船橋経由で乗り換え1回!

総武線で千葉方面に向かい、船橋駅で「京成船橋駅」に乗り換えます。京成本線特急に乗り換え、成田空港まで行けます。

このルートの所要時間は「1時間23分」で1050円で行けるのがいいですね。

また、総武線を使う場合は、錦糸町駅で快速に乗れて千葉乗り換えが便利だったりと、時間によって乗りかえる場所が変わったりします。

まとめ

両国駅から2つの空港までの電車のアクセスについて調べてみました。

乗り換え駅は、時間帯や乗り継ぎ状況によって変わってくると思いますが、何となく距離感は伝わったかと思います!

ぜひご参考までに。

スポンサーリンク